オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

購入の傾向

緑のマンションの壁面

高齢化社会が進むことによって定年後の生活プランが変わってきています。
かつては30代で郊外に一戸建てを購入し、定年まで住宅ローンを支払い続け、ローンの残債を退職金で完済し、余生をのんびりと過ごすというのが一般的な生活プランだったのです。
ところが高齢化と共に様々な問題が出てきたのです。
親の世代が長生きして認知症を患い、その世話をする家庭が増加しているのです。
いわゆる老老介護の時代になってきたのです。
一戸建てを購入した30代の頃には悠々自適の老後生活を夢見ていたのに、現実は高齢化した親の面倒を見る事態になってしまったわけです。
有料老人ホームへ入れるお金はないし、公的な介護施設は順番待ちなので、結局子世代が世話をするしかないのです。
このような生活プランの変化によって、住宅事情も変わってきたのです。
長年ローンを払ってようやく手に入れた一戸建てを売却し、立地の良い場所にある中古マンションといった不動産を買い求める人が増えてきたのです。

購入するメリット

郊外の一戸建ては病院や買い物にいくのにも不便ですし、高齢者の面倒を見るだけでも大変なのに家の維持管理まで手が回らないのです。
交通の便が良くて、商業地域にある中古マンションに移り住んだ方が、何かと便利なのです。
実際に不動産屋にはそのような売却希望者や、中古マンションに買い換え希望の高齢者が増えているのです。
新築マンションは値段が高すぎますし、中古マンションなら立地も良くて値段も手頃なので、人気があるのです。
また老老介護の必要のない高齢者夫婦でも、わざわざ交通の便の良い中古のマンションに移り住む人が増えているのです。
余生を楽しむためには、買い物が便利で、コンサートや芝居や映画を楽しめる施設が近くにあって、ショッピングも楽しめる環境の方が良いからです。
しかも中古をリフォームすることによって、快適な住空間にすることができることも、中古物件に人気がある理由になっています。
このような生活環境の変化は、若い頃には想定できなかったのです。
少子高齢化が進行すれば、今後の不動産事情も変化するはずです。